Android(Kotlin)を触ってみる

Kotlinでstaticメソッドを扱いたい場合

companion object {
        fun createInstance(): MainFragment {
             // implements
       }
}

savedInstanceState

最初はnull qiita.com

Fragmentにclassを渡す

putSerializable qiita.com

jsonパース

GsonよりMoshiがいいっぽい qiita.com

data class

dogwood008.github.io

ActivityとFragment間のアクセス

qiita.com

@SuppressLint

コード検査ツールを無効にする

values/strings.xml でプレースホルダ

y-anz-m.blogspot.com

dateの操作

Date()使わないみたい android.techblog.jp

Logを出す

Log.d() Kotlinでprint()のように操作途中のログ(デバッグ)を出力表示させる方法

0埋め

String.format("", ~)

teratail.com

2018-09-26

  • とりあえず環境構築

  • ライブラリをひたすら入れてエラー消そうとしてたけどあんまり良くわからない

  • pipとanacondaが共存できない説?anacondaはライブラリの管理もやってるからpipと競合してるとかなんとか

  • PycharmでPython Interpreterの変更を行う方法 qiita.com

  • PyCharmによるパッケージの追加方法 qiita.com

  • pycharm上で走らせてみたらエンコーディングエラーが出た

# coding: UTF-8
  • 明日は一旦環境をまっさらにしてやってみようかな

  • ccxtというパッケージがinstallできなくて苦戦している github.com

Unityと.NETのC#

.NET

.NETの役割

  1. C#中間言語に変換する
  2. ランタイム上で中間言語を実行する

Mono

Monoの役割

Aidemyで学ぶ機械学習 02

numpy

pythonは行列などの計算が遅いので外部のライブラリを使用する。

そのうちのひとつがnumpy。

ndarrayクラス

これのクラスを用いて計算などを行う。

N-dimensional array(N次元配列)の略。

# 作り方
arr = np.array([2, 5, 3, 4, 8])
# np.arange(4) 出力結果 [0 1 2 3]

bool-index 参照

論理値の配列を用いてndarrayクラスから要素を抜き出すことができる

arr = np.array([2, 4, 6, 7]) 
print(arr[np.array([True, True, True, False])])  
# 出力結果
[2 4 6]

arr = np.array([2, 3, 4, 5, 6, 7])
print(arr % 2 == 0)
# 出力結果
[True, False, True, False, True, False]

arr = np.array([2, 4, 6, 7]) 
print(arr[arr % 3 == 1])
# 出力結果 
[4 7]

ユニバーサル関数

ndarray配列の各要素に対して演算した結果を返す関数 のこと

集合関数

数学の集合演算を行う関数 のこと

ファンシーインデックス参照

インデックス参照にインデックスの配列を用いる方法

arr = np.array([[1, 2], [3, 4], [5, 6], [7, 8]]) 
print(arr[[3, 2, 0]]) 
# 出力結果
[[7 8]
 [5 6]
 [1 2]]

AWS CodeCommitでgitを無料で使う

CodeCommitとは

Amazonが提供しているgitリポジトリの管理サービス。

5人(IAMユーザ5人)まで以下の条件で無料で使用可能です。

  • 50 GB のストレージ/月
  • 10,000 回の Git リクエスト/月

一応pull requestとかそういうのがあるらしいけど試してないです。

ガツガツ開発しない少人数のプロジェクトなら十分使えるのでは無いでしょうか

使い方

dev.classmethod.jp

こちらを参考に。